人事のことなら、大阪市中央区の安達社会保険労務士事務所にお任せください。

開業15年の豊富な知識と経験

安達社会保険労務士事務所

〒540-0012 大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル8階
京阪・地下鉄天満橋駅より徒歩1分

 

06-6966-4737

営業時間

9:00~17:00(土日祝を除く)

ご相談・お問合せはこちらまで

厚生年金基金加入企業対策

厚生年金基金加入企業対策

(はじめに) 昭和41年にスタートした厚生年金基金制度も、バブル経済崩壊後の運用環境の悪化、加入員数の減少等が影響し、多くの基金が積立不足を抱え制度の安定維持が危ぶまれる状況となりました。加えてAIJ問題などの不祥事が起こり、2014年4月に「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」(「基金見直し法」)が施行されることなりました。

「基金見直し法」についてはこちらをクリック

基金の積立て状況に応じた準備が必要です

代行割れ基金

「基金見直し法」施行後5年以内(2019年3月迄)に解散が義務付けられています。基金が解散した場合、加入企業には代行部分の不足金に関して、企業負担分の納付が必要になります。

ケース別対応ポイントは
こちら

代行割れ予備軍

代行割れが無い為代行不足金を納付する必要はありませんが、この基金が解散する場合は、代行部分を国へ返還した後の分配金の受け皿を決める必要があります。

健全基金

代行部分を備えたまま厚生年金基金として存続することも認められますが、この場合であっても、解散、他制度(DB・DC)へ移行、存続のいずれかを当該厚生年金基金が選択することになります。

基金加入企業の課題

  • 加入厚生年金基金の動向(解散見通し、スケジュール等)
  • 「基金財政状況」のチェック
  • 代行割れであれば、不足金の概算試算、納付計画
  • 分配金があれば、受け皿制度の検討
  • 基金の代償制度の要否、制度選択
  • 基金解散、他制度移行に伴う社員説明

厚生年金基金問題への対応に
経験豊富な専門家を活用しませんか?

解散、他制度移行、脱退それぞれの場面で
公平・中立なサポートをさせて頂きます

厚生年金基金問題の対応には、関連する法律・通達・各基金の規約の内容の読み込みなど専門的な知識と、制度運営側の基金事務局や金融機関の立場とは異なる加入企業側としての経営の視点が不可欠です。